千葉県松戸市の有限会社寿センターシノダです。人形・ちょうちん・破魔弓・羽子板を扱っています。

寿センターシノダ/結納品・ひな人形・五月人形・盆提灯・破魔弓・羽子板
豆知識 結納とは
結納は品々に託して心を伝えるものです。「結」は結ぶ、約束をすることを表わし、「納」はどうぞ受けて下さいという意味です。
日本の伝統的な婚約のかたちで、両家の婚約成立を祝う儀式そのものと、宴に出される酒や肴のことを指していたようです。
その後、結納は男性・女性の支度料として、現物を納めていましたが、現在では結納金(御帯料、御袴料)としてお金に代わるようになりました。結納の一品一品におめでたい意味をもたせ水引飾も、鶴・亀・松・竹・梅など色どりも美しく伝統の技で細工されています。
結納の数々
本来はあわびを叩いてのしたもので、のしあわびが名前の由来です。古来より海産物の中で最も貴重な食物であったので、これを贈ることは、最高のおもてなしでした。贈り物に対するお祝いの意味がこめられ、熨斗をつける習慣になりました。長熨斗は結納に贈る品々の全部に対する祝意を表す熨斗の意味です。

結納の品々が書かれた奉書が中に納められています。

結納金ともいわれ、お金を納めます。
男性から女性へは御帯料、女性から男性へは御袴料とします。
古来、武士の家では鰹節を保存食として用意していました。
勝男武士などとも書き男性の剛気さの象徴です。結納では男性(新郎)を表わし、背節腹節と夫婦《(めおと)1対》で納められています。慶事の贈答にも広く使われています。

するめは、長く保存がきくので、結婚生活が末長く幸福であるようにとの願いが込められています。
結納には女性(新婦)を表わし、寿を留る女として縁起のよい字をあてています。

昆布は繁殖力の旺盛な植物です。
末長く幅広く子孫の繁栄を祈る気持ちから子生婦の字をあてて贈り、「よろこぶ」ともいい縁起をかつぎます。
白無地の扉が夫婦《(めおと)1対》で納められています。
白扇には清純・無垢を表わし、その心を開いてみせる意味があり、また寿に恵まれ末広がりに発展するようにとの思いが込められています。

夫婦が麻のように強いきずなで結ばれ夫婦円満で健康に「共に白髪の生えるまで」との長寿への願いが込められています。
むかしは、柳樽で祝い酒を入れて持参しました。
今は酒肴料としてお金を包みます。
家内(妊婦)が多くの喜びとともにきてくれるという意味もあります。